2012 年 7 月 のアーカイブ

御影公会堂食堂、神戸御影の歴史とオムライスが味わえる場所

2012 年 7 月 19 日 木曜日 by Koh(3,733 views)
 

御影公会堂食堂

 

久しぶりに、御影公会堂食堂のオムライスを食べにいきました。

 

御影公会堂食堂というのは、神戸市の東灘区御影にある「御影公会堂」という建物の地下1階にあります。ここ御影公会堂は、1993年(昭和8年)に白鶴酒造株式会社等の出資により建設され、神戸大空襲・阪神大震災という2度の災害をも耐え抜き、今なお神戸市民の集いの場として、愛され続けている建物で、スタジオジブリがアニメーション化した「火垂るの墓」の舞台として描かれたことでも有名な所です。

 

その御影公会堂にある、御影公会堂食堂ですが、ここもまた建物の誕生から同じ時を刻んできている歴史ある洋食店で、人気のオムライスやハヤシライスを中心に数々のグルメ誌やブログで紹介される等、ちょっぴり隠れ家的な有名店となっています。

 

まずは、店内の様子をご紹介!

 

御影公会堂食堂の店内

 

歴史ある建造物ということで、店内の雰囲気は昭和の香りが色濃く残る独特な雰囲気を醸し出しています。写真にも写っている、このがっちりした柱や梁が長年ここを支えてきているんですね。

 

御影公会堂食堂店内

 

地下1階に位置しますが、天井が高く、このように太陽光を上手く取り込める建築設計となっているため、今回お邪魔させていただいた日のように天気の良い日は、とても明るいです。建築に関してはあまり詳しくはないですが、昭和8年にこの弧を描いた窓枠を採用することは、すごい事だったのではないでしょうか。

 

そして、今回注文したのは、もはやこのお店の看板メニューとなっているオムライス。

 

オムライス

 

どうです、このシンプルさ!これが昔ながらと言われる理由なのかもしれません。卵は適度に柔らかく、中のチキンライスはしっとりとしていて、食べた時の口当たりがとてもよいです。トマトソースは酸味が利いており、サッパリとした感じです。この酸味は好き嫌いが分かれるかもしれませんが、ライスの量が結構多いので、このサッパリ感が逆に食欲を増加させ、最後まで飽きずに食べれるのではないかと感じました。

 

そして、あと一品。

 

オムハヤシ

 

こちらは、オムライスの上に、ハヤシソースをかけたオムハヤシ!個人的にはこのオムハヤシがかなり気に入りました。ハヤシソースはお店によっては酸味が効き過ぎているものもあるのですが、ここのは酸味を押さえた絶妙な味わいでした。

 

御影公会堂食堂にはオムライスの他にも、ビーフシチューやステーキ、ハンバーグなどの洋食メニューも多数あります。私はオムライス以外は、まだ食べた事はないですけどね。

 

ここ御影公会堂食堂は、味を楽しむだけでなく、神戸(御影町)の歴史を感じる事ができるお店です。大空襲と震災という負の歴史を今に伝える建物だけあって、存在感は相当なものです。御影公会堂にまつわる歴史は様々なサイトで紹介されていますので、是非一見してから、ここを訪れてください。

 

歴史を知ってここを訪れると、また違った時間の過ごし方ができるかもしれませんよ。

 

 

御影公会堂食堂の基本情報

 

住 所:兵庫県神戸市東灘区御影石町4-4-1 御影公会堂 B1F
電 話:078-851-2959
営 業:[月] 11:00~14:00 [水~日] 11:00~14:00/17:30~20:30
定休日:火曜日
※詳細はお店にお問い合わせください。

大きな地図で見る

 

 

<本投稿は以下MACアプリを使用しました>

 

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. 3.5.4(¥3,450)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
販売元: Red Sweater Software – Red Sweater Software(サイズ: 6.2 MB)
全てのバージョンの評価: (4件の評価)



Skitch 1.0.11(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, グラフィック&デザイン
販売元: Skitch – Skitch Inc(サイズ: 5.4 MB)
全てのバージョンの評価: (94件の評価)


 


 
コメントは受け付けていません。


とりあえず、MacとWindows7のファイル共有は必須ですね。

2012 年 7 月 14 日 土曜日 by Koh(49,803 views)
 

MacとWindowsのファイル共有

 

家に複数台のコンピューターがあると、コンピューター同士のファイル共有をしないとデータの受け渡しが何かと不便だし、無駄なディスクを使う!ということで、MacとWindwos7のファイル共有設定を行いました。できて当たり前の事なのですが、すごく快適になりました。

 

では、私が行った設定方法を記述しておきます。まだファイル共有環境を構築されてない方は、ご参考に!なるかな?

 

 

1.コンピューター名とワークグループ名の設定

 

まずは、それぞれのコンピュータに名前をつけ、それぞれのコンピューターをグルーピングする為の、ワークグループ名を決めます。

※コンピューター名は既にパソコンの初期導入時に設定されているかと思いますが、気に入らない場合は変更してください。(日本語登録している場合は、英語登録に変更が必要です。)

 

ここでは、仮に以下の名前で設定してみます。

 

コンピューター コンピューター名 ワークグループ名
 Mac  koh-mac  katayama-home
 Windows7  KOH-PC  KATAYAMA-HOME

※ワークグループ名は同じグループということをパソコンに教えてあげるため、同一名にする必要があります。

※また、Macは小文字、Windowsは大文字で設定します。

 

 

■Mac側の設定方法

 

[システム環境設定]→[ネットワーク]→右下の[詳細]を開き、[WINS]タブをクリックします。そうすると、下記のような画面になりますので、NetBIOS名にコンピュータ名を、ワークグループにワークグループ名を入力し、[OK]ボタンを押下してください。そうすると、元の画面に戻りますので、[適用]ボタンを押下して設定を反映してください。

 

ネットワークWINS設定
ネットワークWINS設定

 

■Windows7側の設定方法

 

[コントロールパネル]→[システム]→[システムの詳細設定]を開き、[コンピュータ名]タブをクリックします。そうすると、下記のような画面が開きますので、[変更]ボタンを押下してコンピューター名/ドメイン名の変更画面より、コンピュータ名、とワークグループ名を入力してください。入力が完了したら、先ほどと同様に、[OK]ボタン、元の画面にて[適用]ボタンを押下し設定を反映してください。ここで、コンピューターの再起動を促すメッセージが表示されますので、指示通り再起動を行ってください。

 

PC コンピュータ名・ドメイン名変更画面
PC コンピューター名・ドメイン名の変更画面

 

企業内では、ドメイン管理を行っているところが 殆どですが、家庭内でネットワークを作るのであれば、ワークグループで十分です。これで、ホームネットワーク環境上でのMacとWindows7の紐付けが行われました。後は、Mac、Windowsそれぞれで、相手に公開する共有フォルダーを作成します。

 

 

2.共有フォルダーの作成

 

■Mac側の設定方法

 

[システム環境設定]→[共有] を開きます。コンピュータ名に先ほどの名前を入力し、編集ボタンをクリックしてください。そうすると以下のような画面が開きますので、[ダイナミック・グローバル・ホスト名を使用]にチェックを入れ、ホスト名を入力し、[OK]ボタンを押下してください。

 

Mac 共有フォルダー作成

次に、ファイル共有にチェックを入れ、共有したいフォルダーとアクセス権限を設定してください。[+]ボタンで追加、[-]ボタンで削除することができます。

 

Mac 共有フォルダー作成

 

■Windows7側の設定方法

 

[コンピューターの管理]からもできますが、簡単なのは、共有したいフォルダーを右クリックして、[プロパティ]を開いてください。そしたら以下のような画面が開きますので、[共有]タブの[共有]ボタンを押下し、共有設定を行ってください。

 

PC フォルダー共有設定

 

少し駆け足になりましたが、以上でMacとWindows7がお互いに参照しあえる環境が整いました。後は、Macの場合は「Finder」から、Windows7の場合は、「エクスプローラー」のネットワークから相手のコンピュータにアクセスし、共有フォルダーを参照してください。相手のコンピュータにアクセスする際は、それぞれのコンピュータにログオンする際に使用している、ユーザーID、パスワードを用いることで、アクセスできます。

 

以下は、MacからWindows7(koh-pc)の共有フォルダーにアクセスしている状態です。

MacからWindowsにアクセス

 

最後に!

 

手持ちのコンピューター同士を、ホームネットワーク上で共有するのではなく、クラウドサーバーを利用して、グローバルネットワーク上で共有するのも、一つのやり方だと思います。どのような環境を利用するのかは、それぞれの必要性に応じて、ベストな環境を選択してください!

 


 
コメントは受け付けていません。


WordPress × Chrome拡張機能でブログの統計情報を見る!

2012 年 7 月 11 日 水曜日 by Koh(1,261 views)
 

WordPress × Chrome

 

ブログをやられている方なら、少なからずアクセス数等の、統計情報は気にはなると思います。今回は、ブログツールとしてWordPressを使われている方が対象となりますが、Google Chromeに拡張機能を追加することで、素早く自分のブログの統計情報を把握できる方法をご紹介します。

 

今回使用する Google Chromeの拡張機能は「WordPress Stats」です。まずは、画面を見ていただきましょう。

 

 

Chromeに追加されたアイコンから、統計情報の照会ができる!

 

WordPress Stats

拡張機能「WordPress Stats」から照会できる統計情報は、以下の4つです。

  1. Referrers(リファラ)
  2. Top Posts (人気の投稿とページ)
  3. Serch Terms(検索キーワード)
  4. Clicks(リンク先のクリック数)

 

wordpress.comが提供している、Jetpackの統計情報を使われている方なら分かると思いますが、今まで管理画面にログインして見ていた情報が、Chromeのブラウザー上からリアルタイムに確認することができるのです。また、アイコン上に今日1日のアクセス数バッチが表示されるため、一目で状況を把握することもできます。

 

 

拡張機能の入手方法

 

Chrome ウェブストアより、「WordPress Stats」を検索し、「CHROMEに追加」ボタンをクリックして拡張機能を追加してください。

 

Chromeウェブストア

 

そうすると、サイトURLとWordPress API keyの入力欄が表示されますので、自分のサイトの情報を入力し「Save」ボタンをクリックしてください。

 

Chromeウェブストア

以上です。

 

ブラウザーから統計情報にアクセスできると、ネットサーフィン中でも瞬時にサイトの状況を把握できるので、とても時間の節約になりますよ。WordPressを使われている方は是非お試しください!

 


 
1 件のコメント »



Mobile Site Link