‘Learn’ カテゴリーのアーカイブ

ちゃんと届くかな?海外サイトでのお買い物語り!

2012 年 7 月 4 日 水曜日 by Koh(1,277 views)
 

Mac初心者のコウです。

 

MacBook Airを購入したら、あまりの軽さと薄さについつい持ち運びたくなります。しかし、まだMacBook Airの持ち運び用ケースを持っていない私は、まだ、家の中をウロウロしているのみです。

 

ということで、MacBook Air用のケースを探す事に!

 

いつもと同じように、電気屋さんや雑貨屋さんを回ったり、ネットショップ、モールを巡回したりしましたが、中々ビビッと来るものがなく、ん…と思ってたところ、incipio.comという海外サイトに辿り着きました。

 

incipio

でも海外サイトなので、良いものがあったとしても購入できないかなと思ったのですが、「We now offer international shipping to the following countries:(海外船便の対象国)」に「Japan」の文字が!!いけますやん。

 

でも、高いんじゃないの??

 

なになに、本体:$29.99 + 輸送費:$7.99 = 合計:$37.98。日本円に換算すると、レートがこれなんで、¥3,114也! ほぅ、良いじゃない!で、支払い方法は?「PayPal」決算、使えますやん。

 

で、意気揚々と「INCIPIO MACBOOK AIR 13IN SLIM SLEEVE CASE」とう商品をPayPal決済でオーダー。

 

決済画面

 

オーダーも完了し、便利・便利と思ってた矢先、送信されてきた注文確認メールをみて、びっくりしました。何と、配送先住所が文字化けしているのです。

 

配送先住所が文字化けしている

 

「はっ!?」そうだ!PayPalの個人情報に日本語の住所しか登録してない!アメリカのシステムが日本語に対応しているわけがないので、日本語住所が文字化けするのは当然。やってしまった。「あ〜!」「うぉ〜!」またもや試練がやってきた。

 

「よしっ!」と気を取り直し、送られてきたメール内容を、私の足りない英語力をフル活用して読むと、問い合わせ先のメールアドレスが記載されていた。

 

「メールしよう」

 

またもや、足りない語学力をフル活用し、英語で氏名と住所を記載し、そこへ配送するよう依頼文を作成。いちよ娘を呼んで、「この文面、意味分かる?」と確認。「いいんじゃなぃ」とあっさりと回答。初めから聞けば良かったと思いつつ送信。

 

・・・返信がない、まぁ、そんなに直ぐに返ってこないか。いやいや、アメリカは今、真夜中だ。1日位様子を見よう。

 

そして、翌朝。

 

「Hello Koh, Thank you for your email. I have changed and updated your shipping information.・・・」という配送先を訂正しましたという内容のメールが!「ふぅ」まだ、商品は届いてはいないが一段落です。

 

海外サイトとの初取引で、この出来事は少し焦りました。こういう出来事は、”初心者あるある” なのかもしれませんが、PayPalオンライン決済サービスを利用して、海外取引をする場合は、日本語登録にプラスして英語登録も必ず行っておく事が必要ですね。(※英語登録の方法はこちらを参照ください。)

 

また一つ勉強になりました。

 


 
1 件のコメント »


シナジーを生む新しい空間!オオサカンスペースへ行ってきた

2012 年 2 月 19 日 日曜日 by Koh(656 views)
 

本日は大阪の中心地、本町にある

オオサカン スペース へ行ってきました。

 

今回は体験という位置づけです。

 

オオサカン スペースとは、大阪から日本経済を元気にしたいという意気込みと共に、2012年1月にオープンした、地下鉄本町駅すぐ 御堂筋沿いにあるコワーキング・スペース(Coworking)です。

 

 

コワーキングとは?

コワーキングとは、元々アメリカ・サンフランシスコで生まれたワークスタイルで、各個人が独立した目的も持って働きながらも、オフィス環境を共有し、お互いのアイデアや情報を交換することで相乗効果(シナジー)を発生させ、ビジネスの活性化を期待した働き方のようです。

 

 

このような所って一見、単なる場所貸しでしょ?っと思われるかもしれませんが、ここオオサカン スペースは、個と個の触れ合い(コミュニティ)作りを、運営者の方自らが率先して行い、本来あるべきコワーキングの形をつくるべくしっかりと活動されているように感じられました。

 

今回の体験は3時間程度の短いものでしたが、その中でも初めてお会いした方とのコミュニケーションの機会を与えくださるなど、配慮をしていただけました。

 

この場所で、どのような形でビジネスにおける相乗効果(シナジー)が発生するかは、今回の体験だけでは想像がつきませんが、普段接することのできない方々とコミュニケーションを図ることで、新たな刺激が生まれる可能性はあるなと思いました。

 

たまにこういった場所で作業するのも有りかもしれません!

 

では、せっかくですのでオオサカン スペースの雰囲気を写真でご紹介します。

 

Osakan Space

リラックスしながら仕事やコミュニケーションが図れるソファースペース。

 

Osakan Space

コミュニケーションを図りながら仕事ができる共用デスクスペース。窓際には、集中スペースという一人で集中して作業をしたい場合に利用するデスクも用意されています。

 

Osakan Space

Wifiや外部モニター、プリンターに加え、電子レンジ、ドリンクコーナーも完備されていますので、ノートパソコンさえ持ち込めば快適に作業を行うことができます。

※外部モニターやプリンター等、一部設備の利用には別途料金が発生します。

※詳しくはオオサカン スペースへお問い合わせください。

Osakan Space(オオサカン スペース)基本情報

住所:〒541-0051 大阪市中央区備後町3-6-2大雅ビル10F

WebSite         :http://www.osakan-space.com/

Facebook Page:http://www.facebook.com/OsakanSpace

 


 
コメントは受け付けていません。


小学校における英語教育必修化について思う

2012 年 2 月 12 日 日曜日 by Koh(909 views)
 

小学校における英語教育必修化

 

2011年4月から、小学校5・6年生で英語(外国語)の授業が必修化

になったのは記憶に新しい事と思います。

 

この英語教育必須化に対しては、「国語力を低下さえる」「英語嫌いを増やす」「時間が

少ないので意味がない」等など色々な反対意見はありましたが、私個人的には必修化に

は賛成の立場にいます。

 

しかし、反対派の意見の「意味がない」というのもかなり理解ができます。

 

実情の問題として、小学校と中学校の英語教育の連携はどうなってる?

小学校教員の意識レベル・知識レベルは大丈夫?無駄に形だけの

授業をおこなって、ただ単に無駄に時間を過ごしてはいない?等…

があるからです。

 

私個人的に思うのは、必修化にするならしっかりと小学校でテストを

行う。中学校受験にも英語を科目として取り入れるべきだ。と思います。

※現在は教科ではなく、英語活動という位置づけみたいです。

(クラブ活動的な位置づけ)

 

こればっかりは、それぞれの考え方があると思いますが、結局テスト

(評価)というステップを踏まないと、教員も生徒も親も積極的に取り

組むことがなくなるのではないか?と感じます。

※やはりある程度競争の精神がないと何事も伸びないと思います。

 

小学生向けの塾でも中学校受験に英語がないので、英語は科目として

ありません。というところが殆どでした。

 

小学生のうちから英語に触れさせて、グローバルなコミュニケーションスタイル

を学ぶというと聞こえはいいですが、実が伴っていない気がしました。

 

せめて、毎年英語教育の必修化に対する、レビューを行い、教員(塾も含む)も

生徒も親も積極的に取り組めるような環境作りを、少しでも押し進めて行って

欲しいと思います。

 

※ー個人の意見です。

 


 
コメントは受け付けていません。



Mobile Site Link