MacBook Air × SkyDrive Office Web AppsでExcelを操る!

2012 年 7 月 2 日 月曜日 by Koh(2,264 views)

Mac Book Air 13

 

MacBook Air購入を期に、Mac デビューを果たしたコウです。

 

WindowsからMacを使いだして困る事は、やはりMicrosoft Office系のファイル操作ですね。MacでExcelファイル等のOffice系ファイルを扱おうと思うと、Boot Camp+Windows OS+MS Officeの環境を構築するか、Mac向けのOfficeを購入するかということがまず考えられますが、これからもWindows系アプリはWindows PCで使おうと思っている私にとっては、高額な費用を払ってまでMacにOfficeを入れるのはなぁと感じています。

 

そこで、思い出したのが「Office Web Apps」!

 

Office Web Apps とは、Windows Live ID を使用して Windows Live SkyDrive 上にドキュメントを作成、編集、保存、共有することができる無料のオンライン アプリケーションです。オンラインアプリという名前からも分かるように、このアプリはIEやChrome等のブラウザー上で動きます。

SkyDrive

SkyDriveはこのような画面です。Excelのアイコンが表示されているのが分かります。

 

Office Web Apps Excel画面

SkyDrive上のExcelファイルをクリックすると、一瞬ローカルのOffice製品が起動したのかと思う程の画面が表示されます。簡単な表とグラフを作ってみましたが、集計関数等の計算式も使う事ができましたし、セル結合もできます。

 

ファーストインプレッションとしては、基本的な事をするのであれば問題なく使える。オンラインアプリなので、操作レスポンスは通信環境に大きく左右され、ローカルアプリのような操作感を得る事はできない。といった感じです。まぁ、Excel等のMicrosoft製品はWindowsPCをメインで使用し、Mac上ではメールに添付されてきた資料をみたり、ちょっとした報告書や実績表などを作るに止めておけば何ら問題がないように感じました。

 

Office Web AppsはExcelの他にWordやPowerPointも無料で利用する事ができます。Mac利用者に限らず、Office製品あれば便利だけど、高額な費用をかけてまでは必要ないんだなぁと思っている方は、一度お試しください。

 

Office Web Appsはこちらから利用できます。

 

 







コメント / トラックバック 1 件

  1. […] MacBook Air × SkyDrive Office Web AppsでExcelを操る! これはMacユーザーの皆さんが立ち止まるポイントですよね、この方法なら最良のコスパで運営出来そうですね。【ググッときた!】 […]


Mobile Site Link