WordPress ブログへの全記事一覧ページ作成のすすめ

2012 年 2 月 20 日 月曜日 by Koh(2,854 views)

WordPress

本ブログは WordPressというブログツールを使用していますが、以前より全記事の一覧(投稿一覧)を見るページが欲しと思っていました。

 

他の方のブログを拝見させていただいても、最近の投稿や人気の投稿、おすすめの投稿などは数件分表示されているのですが、全記事一覧が見れるブログがあまりありませんでした。

 

そういうことで、当ブログに全投稿記事一覧ページを設けてみましたので、簡単に設置方法を記載しておきます。

 

全投稿記事一覧ページは「固定ページ」に作ることを前提としています。

 

 

 手順1

 

まずはWordPress 管理画面の固定ページ機能より「全記事一覧」ページを新規作成します。

 

WordPress

 

 手順2

 

次に作成した「全記事一覧」固定ページに”wp_get_archives”関数を使って記事一覧を表示させるのですが、元々WordPressの投稿欄ではPHPの実行ができない仕様となっているため、投稿欄でもPHPが実行できるようにするプラグインをインストールします。今回インストールしたプラグインはこれ↓

    • 「Inline PHP」

※WordPress管理画面にて上記KeyWordでプラグイン検索できます。

 

通常PHPは”<?php … ?>”というお決まりの構文で、これはPHPですよーと明示してあげるのですが、この「Inline PHP」は”<exec> … </exec>”と記載します。

Inline PHPプラグインが実行時にexecをphpに変換して処理してくれるのでしょう。

 

では、作成した固定ページの投稿欄(HTML形式)に以下の通り”wp_get_archives”関数を書きます。※必ずHTML形式の入力欄に記載してください。

 

 

<exec>
if(is_page(‘全記事一覧’) ):
wp_get_archives(‘type=postbypost’);
endif;
</exec>

※固定ページが「全記事一覧」という名前なら投稿一覧を表示するという構文です。

 

表示件数指定したい場合は以下のように”limit”指定をしてください。

<exec>
if(is_page(‘全記事一覧’) ):
wp_get_archives(‘type=postbypost&limit=365’);
endif;
</exec>

※固定ページが「全記事一覧」という名前なら投稿一覧を365件表示するという構文です。

 

上記をHTML形式の投稿欄に記載し保存したら、プレビューで確認してください。

 

WordPress

 

投稿一覧が表示されましたか?

このように、簡単に記事一覧ページを作成することができます。

 

記事一覧ページがあると、どんな記事が他に記載されているかが、一覧で確認できるた

め、自分にとっても、訪問者様にとっても非常に情報把握がしやすくなります。

 

おすすめです。

 

 







コメントは受け付けていません。


Mobile Site Link