Facebookの「○○人話題にしています」という表記、どうやって集計しているのだろう?

2012 年 1 月 26 日 木曜日 by Koh(627 views)

facebook

 

Facebookには「個人ページ」と「Facebookページ」という2種類があります。

簡単にこの二つの違いをいうと以下のようになります。

 

個人ページ

        • 知り合いだけで情報交換する場

Facebookページ

        • 不特定多数の人に情報発信する場

 

企業やPR活動などのページはFacebookページになります。

その、Facebookページに以下のような表記を見たことがあるだろうか。

 

facebookページ

 

上段の「いいね!と言っています」というのは、その名の通り、該当のページで

「いいね!」ボタンを押した人の人数です。

では、「話題にしています」というのは何の人数?「話題」ってどういうこと?

 

さっそく、調べてみました。

 

この、「話題にしています」表示は2011年10月に導入されたもで、以下条件を

元に集計しているようです。

 <集計条件>

過去7日間にページに対して以下のアクションをとった人の人数。

  1. ページのファンになった
  2. ポストに対していいね!、コメント、シェアを行った 
  3. クエスチョンに対して回答を行った
  4. イベントに対して返答を行った
  5. ページに対して言及を行った
  6. ページの写真にタグ付を行った
  7. 場所(プレイス)にチェックインした 

 

なるほど。

 

ようするに、いいね!の人数が多くても、話題にしている人数が少ない場合は、

ファンに有益な情報を”定期的”に提供していない可能性があるということです。

 

この数字を全面的に信用する必要はありませんが、Facebookページを評価する

際(自分にとって有益かどうかを判断する際)の一つの指針にはなると思います。

 

こういう機能、情報発信側を鼓舞するという意味でも、いいですね!

 







コメントは受け付けていません。


Mobile Site Link